サボイキャベツ:ビタミンがたっぷり入った超野菜

サボイ キャベツ 初心者でも楽しめる多目的キャベツ野菜です 料理 簡単に準備できます。 他のように キャベツ 品種、サボイキャベツは特に健康的であるだけでなく、 ビタミン-豊富なおかず。 野菜はまた、菜食主義の料理の主成分としてのその多様性のために高く評価されています。 過去には、 キャベツ 貧乏人の食べ物と考えられていましたが、今日ではその特別な重要性 健康 メリットが再発見されています。 また、地域で入手可能な野菜として、時代の流れに完全に対応しています。 芳香族の超野菜がとても健康的である理由をここで読んでください。

健康的な冬野菜

サボイキャベツは一年中利用できる野菜のXNUMXつです。 したがって、キャベツはのサプライヤーとして特に重要になります ビタミン、特に冬:地域の製品を大切にする人々はサボイキャベツを避けることはできません。 他のいくつかのキャベツの品種と並んで、それは古典的な冬野菜のXNUMXつであり、以前から人々を通り抜けさせるのに役立ちました。 冷たい 良い季節 健康。 低 カロリー、しかしクロロフィルが豊富で、 , りん、B ビタミン そして特に ビタミン C、サボイキャベツは本物と見ることができます 健康 メッセンジャー。 サボイキャベツに含まれる成分には次のものがあります。

  • ビタミンE
  • ビタミンC
  • ビタミンB群
  • カリウム
  • タンパク質
  • リン
  • マンガン
  • フラボノイド類
  • カロテノイド(プロビタミンA)
  • ビタミンK
  • 葉酸
  • マスタードオイル配糖体

ビタミンが豊富で美味しい

ビタミン Cは、感染症との戦いを助け、 免疫システム。 の内容 ビタミンC サボイキャベツは高く、大部分は大人の日常のニーズをカバーすることができます。 葉酸 および カリウム また、大量に存在します。 これらの成分は、細胞形成と細胞分裂、および 圧力。 また、たくさんあります 二次植物化合物 サボイキャベツで。 ザ・ 酸化防止剤、抗菌および 免疫システム-これらの物質の強化効果は、健康予防の手段として栄養において非常に重要です。 また、含まれています ビタミンE フリーラジカルから細胞を保護するため、アテローム性動脈硬化症の予防に理想的であると考えられています。 。 サボイキャベツに関する4つの事実– congerdesign

ダイエットヘルパーサボイキャベツ

サボイキャベツは カロリー:25グラムあたりわずか約100キロカロリーであるため、サボイキャベツは ダイエット。 と組み合わせた非常に低いカロリー含有量 ビタミン および ミネラル 含まれているので、有罪の良心なしに野菜をいっぱい食べることができます。

サボイキャベツの購入と保管

サボイキャベツの葉を購入するときは、さわやかで新鮮に見える必要があり、そのインターフェイスはジューシーに見える必要があります。 良い兆候はキャベツの場合です ゆるく開き、振るとガサガサ音がします。 黒い斑点やその他の変色がある場合は、キャベツに手を近づけないでください。 化学肥料や農薬の残留物がないことを保証するために、有機品質をお勧めします。 購入後、冷蔵庫やセラーの涼しい場所に保管されているサボイキャベツは、最長XNUMX週間保管できます。 ただし、新鮮なものを食べるほど、ビタミン含有量が高くなります。 サボイキャベツも 凍結。 ただし、葉は塩漬けで湯通しする必要があります 予め。 ちなみに、サボイキャベツは冬は特に香り高く、春に収穫されたサボイキャベツは比較的マイルドな味わいです。 秋冬のサボイキャベツとは対照的に、初期のサボイキャベツも冷蔵庫に数日しか保管できません。

長い貯蔵寿命のためのサボイキャベツチップ

生野菜の友達に特に適した貯蔵の変形は、サボイキャベツチップの準備です。 この目的のために、葉は細かく切り分けられ、オーブンまたは脱水機でわずかな熱で乾燥されます。 必要に応じて事前に味付けすることができます。 これにより、非常に健康的で特別なスナックが作成され、長期間保存されます。 冬の野菜

サボイキャベツ–野菜のオールラウンダー。

サボイキャベツはもともと主にシチュー野菜として使われていました。 これはそれを準備する他の多くの方法を生み出しました。 たとえば、サボイキャベツの葉は野菜の詰め物のルーラードを作るのに理想的ですが、 キー 特に味付けのおかずとして最適です。 サボイキャベツの野菜は、調理済みと生の両方で食べることができます。ビタミン含有量は、生のグリーンスムージーの理想的な成分であり、生の食品専門家だけでなく、それを高く評価します。

サボイキャベツの調理が簡単に

サボイキャベツと同じくらい健康的で、準備も簡単です。 前 料理、外側の葉と茎を分離し、残りの葉を洗浄する必要があります。 野菜が苦くならないように、蓋をせずに調理することをお勧めします。 ちなみに、 料理 典型的なを減らす必要があります 匂い キャベツの。

サボイキャベツのレシピ

サボイキャベツの葉は実験を誘います。 蒸したり、湯通ししたり、茹でたりすることができ、サラダや生で使用することもできます。 スムージー。 ただし、鼓腸効果があるため、使用量は低く抑える必要があります。 サボイキャベツは、シチュー、キャセロール、またはスープにマッシュポテトまたはピューレの形でよく使用できます。 可能な組み合わせに制限はありません。 ジャガイモと一緒に調理された、古典的なサボイキャベツのシチューが作成され、肉、スパイス、または他の野菜で精製することができます。 サボイキャベツはひき肉との相性が特に良いです。 キャベツの古典的なレシピは、ミンチ肉を詰めたサボイキャベツのルラードで、キャベツのルラードとも呼ばれます。 しかし、健康的なサボイキャベツは、多くのベジタリアンレシピでも使用されています。