筋肉増強–筋肉成長のための筋力トレーニング

序言

筋肉増強は、筋肉への負担による物理的プロセスです。 過度の筋肉運動は、利用可能な筋肉がこのタスクに十分ではなかったため、次の緊張に備えるために筋肉を成長させる必要があることを体に伝えます。 筋肉増強はこの単純な原理に基づいています。 私たちの祖先は生存の利点として筋肉の増強を必要としていましたが、今日では筋肉の体は美しさの理想と見なされており、体幹をある程度安定させ、 関節.

筋肉を構築するための最良の方法は何ですか?

要するに、筋肉を強化して発達させることは素晴らしい芸術ではなく、あらゆる種類のトレーニングを通じてある程度機能します。 しかし、明らかに筋肉増強を支持する要因があります。 この相互作用の主な要素に名前を付けるには:トレーニングの種類、トレーニングの強度、回復期間、栄養。

以下では、筋肉増強トレーニングに対応するコンポーネントについて検討します。

  • トレーニングタイプ: ウェイトトレーニング 最大の筋肉の成長を約束するトレーニングの種類です。 確かに、自分の体重でもある程度筋肉の成長が見込めます。 ただし、これを超えるには、追加のウェイトを使用する必要があります。
  • トレーニング強度:これは、ユーザーの身体能力に合わせて調整する必要があります。

    初心者と上級ユーザーには、異なるトレーニング強度をお勧めします。 筋肉増強の開始時には、正しい運動に主な焦点を当てる必要があります。筋力と筋肉の成長の増加はほぼ自動的に行われるため、上級ユーザーは筋肉増強トレーニングのより正確な計画を必要とします。 ここでは、筋肉の増強は主に、アスリートがトレーニングに変化を加えて、新しい成長インパルスを何度も筋肉に送ることによって達成されます。

  • 回復期間:特に初心者が筋肉に再生休憩を与えるのが難しいと感じたとしても、経験豊富なアスリートは今回がどれほど重要かを知っています。

    結局のところ、筋肉は運動していないときにのみ成長することができます。 もちろん、トレーニングを通じてそれに応じて刺激したことを条件とします。 また、パフォーマンスが低下するため、肉体的疲労が大きくなりすぎないようにすることも重要です。

    したがって、アスリートは 緩和 パフォーマンスが低下するこのポイントの直前のフェーズでは、筋肉を再生できるように軽量でトレーニングするだけです。 さらに、筋肉内のタンパク質合成はトレーニング負荷後XNUMX日まで増加するため、XNUMX日ごとに同じ筋肉をトレーニングするだけで筋肉の成長を達成できます。

  • 栄養:私たちが食べる食物は筋肉成分の基本的な材料であるため、この点を無視してはなりません。 筋肉はで構成されているので タンパク質、そしてこれらは順番にアミノ酸で構成されているので、体は筋肉を拡大するのに十分な量のタンパク質を提供されなければなりません。 栄養のもう一つの基本的な柱は、毎日のカロリー摂取量です。 十分に消費することが重要ですが カロリー 既存の筋肉が破壊されないように体のニーズを満たすために、カロリーが多すぎると、過剰なエネルギーが体脂肪の形で蓄えられることを意味します。