低血圧とめまい

序言

誰がそれを知らないのですか? 最も不利な状況で頻繁にめまいがすることは、不快で潜在的に危険な場合があります。 しかし、めまいはその時だけでなく、例えばすぐに起きた後にも起こります。

この理由は多種多様であり、常に明確に特定できるとは限りません。 実際の原因は、他の症状によって隠すこともできます。 しかし、低い 圧力が一般的な原因です。 可能であれば、低い 圧力を明確にし、治療する必要があります。 治療法には多くの選択肢があり、保守的で薬物を使用しない治療法から、 圧縮ストッキング と薬物療法。

低血圧がめまいを引き起こすのはなぜですか?

圧力は必ずしもめまいにつながるとは限りません。 めまいは他の病気によっても引き起こされる可能性があります。 また、低い 血圧 多くの国で病気とは見なされていません。

しかし、低い 血圧 めまいを伴うことがよくあります。 大まかに言えば、これは そして他の重要な器官は、短期間だけでなく、時にはより長い期間、十分な酸素が供給されません。 低の原因 血圧 多様であり、身体的不活動、ホルモンの原因または感染症から不十分なポンプ能力までの範囲です。 ハート または体自身の受容体への損傷による栄養の原因。

しかし、すべての場合において、血は 影響を受けた臓器に十分な血液を送り込まないでください( )。 その結果、セルはしばらくの間供給不足になりますが、酸素の需要が高く、供給不足に非常に敏感であるため、短時間では完全に機能しません。 それにもかかわらず、低血圧は体にプラスの影響を与える可能性があり、健康的でアクティブなライフスタイルの兆候である可能性があります。

どの付随する症状がまだ頻繁に発生しますか?

おそらく、低血圧によって引き起こされる急速に発生するめまいの最も一般的な付随する症状は、 頻脈、これは体が補償しようとする試みによって説明することができます。 他の症状も酸素の供給不足によって引き起こされます。 また、集中力の問題、緊張感、 、落ち込んだ基本的な気分、耳鳴り、さらには食欲不振、高度の過敏症も発生する可能性があります。

  • 頻脈、
  • 呼吸困難、
  • 短い意識不明
  • 頭痛、
  • 視覚的な問題、
  • ギャングの不安、
  • 蒼白と 疲れ.

急速な脈拍、別名 頻脈 専門用語では、血圧が低いときに発生する典型的な付随する症状です。 低血圧は急速な脈拍に先行します。 この急速な脈拍の理由は、体が低血圧の代償として臓器への血液供給を維持しようとするためです。

低血圧がすぐに発生する場合、それは通常、小さい方の血液飽和度と呼ばれます 人体の。 これは、少量の血液だけが ハート 血液の大部分は、突然拡張した動脈を介して血管系にあるため、心臓から送り出すことができません。 。 しかし、重要な臓器に酸素を供給するために、 ハート より速く鼓動または脈動するように刺激されます。

その結果、心臓からへの血流 大動脈 部分的に増加し、より多くの血液、したがって酸素が利用可能になります。 低血圧の程度またはその値に応じて、脈拍は毎分最大200拍の周波数に達する可能性があります。 吐き気 低血圧の一般的な症状でもあります。

吐き気 通常、に関連して発生します 頭痛、視覚障害、脱力感またはめまい。 ザ・ 吐き気 短い瞬間に制限することができます。 ただし、低血圧の状況での吐き気は、数分間気分が悪くなったり、嘔吐したりする原因にもなります。

発生する吐き気の原因はまたへの血流の減少によるものです 。 ここでは、酸素の供給不足が主な役割を果たしています。 脳細胞は、酸素供給の減少に非常に敏感です。

それらのエネルギー生産のための酸素が不足している場合、それはそれらの機能の一部の一時的な喪失に非常に迅速につながる可能性があり、それが血流の減少が脳細胞の障害につながる理由です。疲労は関連する一般的な症状でもあります低血圧で。 ほとんどの場合、低血圧は数時間または数日より長い期間維持する必要があります。 しかし、長期的な低血圧の人すべてに倦怠感が生じるわけではありません。

不規則にしか表示されない可能性もあります。 倦怠感の原因は、低血圧だけの場合よりもさまざまです。 しかし、低血圧疲労の説明は、それが脳と臓器の供給不足につながるということでもあります。

たとえば、影響を受けた人は起きた直後に疲れているか、XNUMX日に数回休む必要があります。 彼らのパフォーマンスも大幅に低下し、健康な人ほど回復力がありません。 さらに、倦怠感はしばしば集中力の低下と反応の低下に関連しています。

倦怠感が長く続き、説明できない場合は、医師に相談して、考えられる深刻な原因を明らかにする必要があります。 頭痛 低血圧に関連して頻繁に観察される症状です。 頭痛はさまざまな形で現れる可能性があり、短期間または長期間続く可能性があります。

これは、低血圧が短いか長いかにも依存します。 繰り返しますが、頭痛には他の原因があるかもしれません。 頭痛の説明は、他の症状と同様に、脳への血流の減少であり、最終的には脳細胞への酸素の供給不足につながります。

低血圧および関連するめまいの治療選択肢は非常に多様であり、保守的で薬物を使用しない治療から、 圧縮ストッキング と薬物療法。 保存療法には、例えば、ライフスタイルの変化が含まれます。 スポーツ活動やスポーツへの切り替えにもっと注意を払うことができます 耐久性 スポーツ。

起き上がるときや入浴を交互にするときの休息期間も役立つと考えられています。 また、十分な水分を飲み、塩分を摂取する必要があります。 カフェイン 循環を刺激することもできます。 これがすべて役に立たない場合は、薬物療法を検討することができます。 低血圧が初めてうまく治療されるとすぐに、めまいは通常もう起こりません。