相互作用| デキサメタゾン

相互作用デキサメタゾンはカリウムの排泄を増加させ、特定の水錠剤(利尿剤)の効果を高めることができます。 カリウムレベルが低くなりすぎると、心不整脈につながる可能性があるため、これは危険な場合があります。 デキサメタゾンは、糖尿病や抗凝血剤の治療に使用される薬の血糖値を下げる効果を阻害します。 いくつかの抗てんかん薬… 相互作用| デキサメタゾン

デキサメタゾン

デキサメタゾンは、糖質コルチコイドのグループに属する人工的に生成された活性物質です。 人体では、天然の糖質コルチコイド(ホルモン)が副腎皮質で産生され、さまざまな調節タスクを実行します。 合成糖質コルチコイドデキサメタゾンは、炎症と免疫系に抑制効果があります。 副腎で産生されるホルモンと比較して… デキサメタゾン

デキサメタゾン阻害試験| デキサメタゾン

デキサメタゾン阻害試験いわゆるデキサメタゾン阻害試験は、挑発試験です。 健康な生物では、副腎皮質の産生速度、したがって糖質コルチコイド(例えばコルチゾール)の濃度は、下垂体と副腎皮質の間の調節回路によって制御されます。 コルチゾール濃度が高いと、ホルモンの産生が… デキサメタゾン阻害試験| デキサメタゾン

ダーマトップ®

はじめにDermatop®は主に軟膏、クリーム、スキンローションとして販売されており、有効成分のプレドニカルベートが含まれています。 プレドニカルベートは、人工的に生成された糖質コルチコイド(ステロイドホルモン)のグループに属しており、その天然の中間体は副腎皮質(コルチゾールなど)で形成されます。 Dermatop®には、強力な抗炎症、免疫抑制、鎮痒、抗アレルギーの効果があります。 一般的に使用されています… ダーマトップ®

ダーマトップの副作用| Dermatop®

ダーマトップの副作用炎症性皮膚疾患の治療に使用される他の薬とは対照的に、ダーマトップ®は、望ましい効果と起こりうる副作用との間のほぼ最適な比率を特徴としています。 短期間の適用の場合、望ましくない薬物効果が非常にまれに発生します。 最も頻繁な副作用のXNUMXつは…の燃焼です ダーマトップの副作用| Dermatop®

Dermatop®の価格| Dermatop®

Dermatop®の価格Dermatop®クリームの10gチューブの価格は、約16ユーロ、30gは約20ユーロ、100gは約30ユーロです。 ただし、Dermatop®は処方箋医薬品であるため、健康保険会社によっては、生クリームの費用の一部を負担する可能性があります。 さらに、ほとんどの薬と同様に、いわゆる「ジェネリック」もあります… Dermatop®の価格| Dermatop®

デコルチン®

はじめに「デコルチン®」の商品名で知られている薬には、有効成分のプレドニゾロンが含まれています。 したがって、Decortin®は合成的に生成された糖質コルチコイド、つまり人体で実際に副腎皮質で生成されるホルモンです。 糖質コルチコイドは、ステロイドホルモンのグループに属します。 それらの生産はコレステロール分子に基づいています、… デコルチン®

ヴォロンA

同義語トリアムシノロンアセトニドVolon®Aは、糖質コルチコイドグループに属する薬剤です。 糖質コルチコイドには、炎症やアレルギーに対抗し、体の免疫応答を低下させる特性があります。 Volon®AのこれらXNUMXつの特性により、さまざまな疾患に使用できます。 アプリケーションは、炎症性皮膚疾患からリウマチ性疾患まで多岐にわたります… ヴォロンA

禁忌| ヴォロンA

禁忌Volon®Aは免疫系をさらに抑制するため、免疫不全の場合には推奨されません。 Volon®Aは、重度の感染症の場合にも使用できません。 胃腸粘膜の損傷、重度の骨粗鬆症、精神疾患の場合は、Volon®Aによる治療の長所と短所を比較検討する必要があります。 … 禁忌| ヴォロンA

プレドニゾロンの副作用

プレドニゾロンの副作用は、ホルモンと電解質のバランスに影響を与える記載された効果の結果です。皮膚の筋肉骨神経系と精神消化管回路免疫系血液と目プレドニゾロン投与下では、ホルモンバランスに対する考えられる副作用は満月様顔貌を伴うクッシング症候群と… プレドニゾロンの副作用