ジョギング

広い意味での同義語

ジョギング、 ランニング, 耐久性 スポーツ、マラソンに熱心なレクリエーションアスリートの数 ランニング 何年もの間増加しています。 ドイツでは約10万人が定期的に通っていると推定されています ランニング。 仕事以外に動き回る必要のある人が増えているようです。

これは確かに、多くの従業員が一日中座りがちで、混雑感を生み出しているためです。 しかし、自分自身の状態のより広い認識の事実 フィットネス したがって、自分自身のもの 健康 また重要です。 ここで広告は重要な役割を果たしており、特に50歳以上が経済的に強い顧客であることを発見しました。

このターゲットグループの新しいトレンドとして、 ウォーキング北欧ウォーキング 最近、レジャースポーツ部門でますます人気が高まっています。 ウォーキングは一般的に 健康-保護効果、特に 心臓血管系。 しかし、定期的に 頭痛 また、うつ病はランニングによってプラスの影響を受けることがあります。 それにもかかわらず、ランニングは筋肉への負担も意味します。 、靭帯、 骨格 (支持および自発運動システム)これらの構造に損傷を与える可能性があります。 走っているときはかなりまれな突然の怪我(事故)に加えて、筋骨格系の過負荷や誤った負荷のより頻繁な症状があります。

機能的解剖学

ウォーキングは、リズミカルでダイナミックな一連の動きを表しています。 全身が動きに関与し、下肢(脚)に最大のストレスがかかります。 動作シーケンスのリズムは、さまざまな動作フェーズに分けることができます。

筋骨格系への負担は、個々の運動段階で異なります。 いつ 出てくる(フロントサポート フェーズ)、 関節 脚の筋肉は体重を吸収し、衝撃を和らげる必要があります。 特に、前部の筋肉 大腿 (Musculus quadrizeps)、ふくらはぎの筋肉(Musculus trzeps surae)、および 膝関節 ここで強調されています。

体が地面から押し出されると(後部サポートフェーズ)、前部 大腿 筋肉と足伸筋は初期段階でストレスを受け、後期段階ではふくらはぎと大腿後部の筋肉(虚血性筋肉)にもますますストレスがかかります。 足を地面から離した後、 後方に誘導されます(リアスイングフェーズ)。 これにより、 股関節 だけでなく、の屈曲 膝関節 と上 足首 ジョイント。

この動きに必要な筋肉は前部です 大腿 筋肉(特に大腿直筋)と前下部 筋肉(前脛骨筋)。 これに続いて、脚を前方に導き(前方スイングフェーズ)、 膝関節 そして足の出現の準備。 前脛骨筋前脛骨筋 下肢 この移動フェーズでは特にアクティブです。

足の出現に伴い、対応する筋肉の負荷から新しい動きのサイクルが始まります。 歩行中の苦情や怪我の原因は多岐にわたります。 さまざまな要因を考慮に入れる必要があります。

  • 事故
  • 年齢
  • 重量
  • トレーニング条件(持久力トレーニング)
  • 体の解剖学
  • ランニングテクニック
  • ランニングの強度
  • 走行面
  • 詳細