まとめ| 半月板損傷の演習

サマリー

メニスカス 病変は、 膝関節 外傷後、または過負荷や摩耗の後に発生する可能性があります。 病変は炎症を引き起こし、 痛み 機能の喪失およびしばしば関節滲出液を伴う関節において。 ザ・ メニスカス 病変は、保守的または外科的に関節鏡視下で治療することができます。治療の後には、広範囲の理学療法リハビリテーションが続きます。このリハビリテーションでは、可動化運動による関節の可動性の回復に加えて、筋肉を安定させる筋肉の強化に重点が置かれます。 膝関節.

最高の優先順位が与えられます コー​​ディネーション トレーニング、それを通して反応性と安定性 膝関節 後に再び訓練されます メニスカス 病変。 患者さんが独自に行う理学療法と運動は、関節機能を可能な限り完全に回復させ、後の段階で変形性関節症の発症を予防することを目的としています。