ストレスを避ける| 妊娠中のストレス

ストレスを避ける

ストレス発散の最重要ポイント 妊娠 もちろん、ストレスの原因となる要因をオフにすることです。 これは常に可能とは限らないため、妊婦は別の方法を使用する必要があります。 ストレスを減らす. これらには特別に開発された 妊娠 特別なオイルを使ったマッサージで、身体的、精神的ケア 緩和, 妊娠 ヨガ または他の リラクゼーションテクニック 日常生活のストレスを忘れ、自分自身と胎児に完全に集中するのに非常に適しています。

多くの人が平和を見つけます 瞑想 or アロマセラピー.妊娠中の多くの母親も子供の健康を心配し、将来に不安を感じているため、パートナーと一緒に出産準備コースに参加することも非常に役立ちます。 妊娠中は特に注意が必要です 聞く あなた自身と、あなたの体があなたに送る信号、そしてあなたもギアを下げるという信号。 あなたのこと以上に重要なことはありません 健康 そして、あなたのまだ生まれていない子供のもの。 ちょっとした休憩や活動は、忙しい日常生活に代わる良い方法になり得ます。そうすれば、妊婦は良いものを見つけることができます。 そしてストレスは大部分回避されます。 より有用な情報については、記事「ストレス - 影響を受けていますか?」を参照してください。

病気

場合によっては、以下の場合に病気休暇を取得することができます。 妊娠中のストレス. これは、ストレスが胎児に害を及ぼす可能性があるという十分に理由のある懸念がある場合に特に適しています。 すでに述べたように、妊娠中の母親は、特にそれが非常に忙しい仕事である場合、自分自身と子供の幸福を第一に考えるべきです.

特に病気休暇は、 ストレスを減らす、職場でのプレッシャーと喧騒は、多くの妊婦にとって大きなストレス要因です。 医師が病気休暇を発行する期間は個人差があります。 極端な場合には、雇用が禁止されることもあります。

サマリー

要約すると、妊娠中の母親は、妊娠中は極力過度のストレスを避けるように努めるべきです。 さまざまな理由でこれが不可能な場合、母親は専門家の助けを求めることをためらうべきではありません。 影響を受けた女性がリラックスして妊娠を楽しむのを助ける多くの可能性があります。 ストレスの増加は、多くの場合、胎児に悪影響を及ぼす可能性がありますが、 妊娠中のストレス、問題のない妊娠の子供と比較して機能的な逸脱は発生しませんでした。