グレープフルーツジュースは錠剤をより働きやすくします

かどうか タブレット うまく機能し、適切に機能することは、必ずしも定期的に(朝、昼、夜)服用することとは関係ありません。 それらは食事時に頻繁にそして便利に摂取されるので、それらが食事の前、食事中、または食事の後に摂取されるかどうか、あるいは食事の前に摂取されるかどうかも重要です。 服用時には空にする必要があります。 そして、これは十分ではありません。これに加えて、それは私たちが何を食べ、どれだけ飲むか、または何を食べてはいけないか、何を飲んではいけないかにも依存します。

常に水と一緒に錠剤を服用してください

錠剤、コーティング錠または カプセル 常に大きなグラスと一緒に服用する必要があります . アルコール の分野からの多くの活性物質のため、薬を服用するときに適した飲み物ではありません 向精神薬, 睡眠薬 精神安定剤は、一緒に服用すると、制御できないほど強い効果があります アルコール.

食品との相互作用

取得 抗生物質 テトラサイクリンおよびジャイレース阻害剤 ミルク または他の食品や薬を含む カルシウム, マグネシウムまたは 減少します 吸収 これらの 薬物. タブレット 飲み込む必要があります のみ。 などの他の飲料 紅茶, コー​​ヒー, ミルク、およびフルーツジュースは干渉します 吸収 of .

グレープフルーツジュースは、 取った後 カルシウム のために取られる拮抗薬 高血圧 –それはまたより強い効果を持ちます。

促進剤としての食品

他のエージェントの場合、 吸収 それらが特定の食品と一緒に摂取されると改善されます:例えば、エージェント スピロノラクトン or フェニトイン 特に脂肪が豊富な食品と一緒に摂取すると、より迅速かつ完全に吸収されます。

次のようなベータ受容体遮断薬の場合 プロプラノロール、それは逆です–吸収される量が少なくなります。 非常に具体的 薬物 の治療のために うつ病 (いわゆる MAO阻害剤)、チーズまたはチラミンを含む他の食品と一緒に、 つながる 極端な低下に 圧力。

タブレット摂取の適切なタイミング

また、食事の前、食事中、食事後など、いつ薬を服用すべきかを必ず医師に相談してください。 これは、多くの薬にとって、それらが服用される時間が重要であるためです。結核 薬物 リファンピシン および イソニアジド 食べた後、遅れて吸収されるのはごくわずかです。 同じことがベータ遮断薬にも当てはまります セリプロロール。 したがって、これらの薬は常に空の状態で服用する必要があります .

ですから、薬の場合、それはすべて適切な時期と適切な服用方法です。 副作用への誤った摂取のためにそれがすでに来ないように、診療所または薬局で緊急に尋ねてください。