サッカーでの足首テーピング| 足首関節のテーピング

サッカーでの足首のテーピング

どの テープ包帯 サッカーで最も賢明なのは、個々のプレーヤーと彼または彼女の不満に依存します。 どちらの場合も、関節が腫れたり、テープが不快になったり、切開されたりしないように注意する必要があります。 痛み 悪化するか、テープドレッシングの下の皮膚がかゆみ始めます。 最良の場合、安定化ロイコテープは数時間以上着用しないでください。

シンプルな テープ包帯   キネシオテープ、を安定させる 足首 ジョイントは、次のようになります。たとえば、牽引下の最初の手綱を直接に貼り付けます。 足首関節、すなわち、すねと足の間の移行。 XNUMX番目の手綱は足の裏の下に貼り付けられ、両側の足首に引っ張られます。 XNUMX番目の手綱はで開始されます アキレス腱 両端は足裏の外側と内側に取り付けられています。

  • もし 足首 関節が負傷し、靭帯または 保護する必要がある場合は、関節を安定させ、怪我のリスクを最小限に抑えるために、弾力性のないロイコテープを使用した包帯が推奨されることがあります。
  • 関節や筋肉に 痛み 重傷を負わず、または予防のために、 キネシオテープ 移動の自由をそれほど制限しない使用も可能です。

靭帯が裂けた後の足首関節のテーピング

すべてではない 引き裂かれた靭帯 外科的に治療する必要があります。 影響を受けた靭帯とその結果として生じる不安定性に応じて、それは外科的に再固定されるか、または保守的に治療されます。 どちらの場合も、通常、部分的な体重負荷が最初に示されます。この間、影響を受けた人は通常、 松葉杖 通常、特別な添え木が着用されます。

スプリントを着用している間、 足首 スプリントが安定化機能を引き継ぐため、ジョイントはお勧めできません。 スプリントを取り外して負荷を再び増やすことができる場合は、 足首関節 筋肉が再構築されない限り、新しい怪我を防ぐのに役立ちます。 安定したテープは通常、最大の安定化効果を達成するためにこの目的で使用されます。

とにかく筋肉にストレスを与えるために、テープを継続的に着用しないことが重要です。 さらに、関節が腫れなくなったり、テープが切れたり、足が硬くなるのを防ぐために医師が許可するすべての動きの方向に定期的に動かしたりしないようにする必要があります。