理学療法| 股関節症のエクササイズ

理学療法

理学療法は股関節を元に戻すことができないことに言及することが重要です 関節症。 股関節の症状についてです 関節症。 これらの症状は、患者さんと一緒に働くことで軽減され、日常生活の制限が特別に治療されます。

股関節の理学療法における重要な目標 関節症 is 痛み 安心。 などの対策 マッサージ 筋肉の高音を減らし、増加につながる サーキュレーション。 手動グリップで作業することも可能です。

したがって、股関節は特定の方向に動員することができます。 これはの生産を刺激します 滑液 (滑液)。 これはまたにつながります 痛み 関節としてのレリーフ 軟骨 安心し、より良い栄養を与えられます。

に加えて 痛み 救済、筋肉の構築は理学療法で重要です 股関節症。 これにより、関節の姿勢と歩行が安定します。 患者は健康な体の感覚を取り戻し、自分の体を均等に使うことを学びます。 詳細については、以下を参照してください。

  • 結合組織マッサージ
  • 動員演習
  • 腰のエクササイズ
  • 股関節痛の理学療法
  • 歩行訓練

まとめ

股関節症 は、加齢とともに発生する最も一般的な整形外科疾患のXNUMXつです。 最初の兆候は、ストレス下および安静時の激しい痛みです。 脚の付け根の痛み。 の損耗により 軟骨 股関節、これらの痛みが発生し、股関節の特定の動きが回避されます。

これは、schohnendenの動きの動作につながります。 これにより、影響を受けた股関節が緩和され、健康な股関節に大きな負担がかかります。 これは、患者の姿勢と歩行パターンで非常に明確になります 股関節症.

既存の股関節症の患者の筋肉の蓄積は、関節をサポートするために重要であると要約することができます。 また、痛みや可動性の低下に対しても効果的です。 理学療法では病因を取り除くことはできませんが、影響を受けた人々の日常生活を楽にします。