治療への応用と治療法

以下の治療用途/治療方法は、例えば、手術後およびリハビリ目的で使用されます。 筋肉、 関節 及び 神経 刺激されるので、可動性と強度が向上します。 中枢の病気のためにいくつかの運動パターンが乱れる 神経系、他の人は運動技能の欠如によって引き起こされ、 コー​​ディネーション.

以下は、運動パターンを学習するための治療法のリストです。

  • スパイラルダイナミクス
  • PNF(固有受容性神経筋促進)
  • Vojtaによる理学療法
  • ボバスによる理学療法

マッサージ アプリケーションは、筋肉の緊張と関節の閉塞を和らげ、 リンパ系.

  • トリガーポイント療法
  • 結合組織マッサージ
  • リンパドレナージ
  • ブリュースマッサージ
  • とげマッサージ

する方法があります ストレスを減らす 同時に筋肉の緊張。