メラトニン:機能

の行動 メラトニン 細胞レベルでは、XNUMXつの異なる調節回路を介して発生します。そのうちのXNUMXつが最も重要です。 これらはGタンパク質共役型です メラトニン 受容体1(MT1)とメラトニン受容体2(MT2)、これもGタンパク質共役型です。

MT1は、生殖(生殖)、代謝(代謝)、血管収縮(血管収縮)に影響を与えます。 MT2は、概日信号の送信と網膜(「網膜に影響を与える」)に必要です。 ドーパミン 放出および血管拡張(血管拡張)。 さらに、MT1およびMT2受容体の活性化 メラトニン プラスの影響 酸化防止剤 アポトーシス(プログラムされた細胞死)と同様に可能性、すなわちメラトニンは 酸化防止剤 細胞レベルで効果があり、したがって細胞を保護します。

に加え 酸化防止剤 メラトニンの効果、免疫調節効果も観察されています。 一方では、ホルモンはラジカルスカベンジャーとして機能し、他方では、抗酸化物質の数は 酵素 増加する。

メラトニンは概日リズムに影響を与え、体内の昼夜のリズムに関する情報を伝達します。 睡眠促進効果があり、特に夜間の体温を下げます。さまざまな研究で、メラトニンの経口摂取がさまざまな睡眠パラメータを改善することが観察されました。 19のメタアナリシスで プラセボ-1,683人の被験者を含む管理された介入研究 睡眠障害、2〜5mgのメラトニンの効果を調べた。 7〜28日以内に、入眠時間が短縮され、睡眠の質と持続時間が増加しました。 13件の研究による別のメタアナリシスでは、メラトニンが一次睡眠の質にプラスの影響を与えることも判明しました 不眠症、睡眠相後退症候群、盲目の被験者における非24時間睡眠覚醒障害、およびレム睡眠行動障害。 50歳以上の睡眠不足の被験者の介入研究では、 線量 毎日わずか0.3mgのメラトニンが睡眠の質を改善し、血漿メラトニンレベルが正常化した。 高齢者はメラトニン欠乏による軽度の睡眠障害に苦しんでいるので、それはウェイドらによる研究で観察されました。 そのメラトニンはこの亜集団で特に効果的です。 3〜18歳の被験者は、少なくとも80週間にわたって、毎日2mgのメラトニンを摂取しました。 高齢の被験者集団(55歳以上)では睡眠の質に改善が見られました。 メラトニンは、基礎メラトニンレベル(尿中で測定された6-SMT)とは無関係に、これらの研究で加齢に伴う効果を示しました。

注: バイオアベイラビリティ メラトニンが高くなるため、メラトニンの量は非常に少なくなります 初回通過代謝 肝臓。 血漿半減期はわずか約30分です。 したがって、メラトニンは、ツァイトゲーバーの意味で、短いパルスの機能を持っているように見えます。