初心者のためのヨガ

ヨガ もともとはスポーツではなく人生観ですが、西洋ではヨガは、穏やかなエクササイズを含む特定の形式のトレーニングプログラムとして理解されることがよくあります。 呼吸。 初心者向け、 ヨガ 強度、安定性、そして 初めに。 ただし、初心者に適したエクササイズ(アーサナ)があり、徐々に筋力と柔軟性が向上するため、時間と経験を重ねるごとにエクササイズの難易度が高くなります。

初心者は何を考慮しなければなりませんか?

初心者として、あなたはあまりにも厳しい練習から始めるべきではありません。 もちろん、それは興味のある人が使用するかどうかにも依存します ヨガ 定期的な体力トレーニングの紹介として、またはトレーニングフォームを変更したいだけの経験豊富なアスリートです。 ヨガには高度な安定性が求められますが、 及び コー​​ディネーション だけでなく、体からの強さ。

最初は動きが硬く、不規則になります。 ヨガの初心者がアーサナで瞑想的で調和のとれたリズムに達するまで、しばらく時間がかかります。 しかし、すべてのスポーツと同様に、体は定期的なトレーニングを通じて動きと要求に慣れ、動きのシーケンスはますます保存され、トレーニングはより流動的になり、 関節 もっとしなやか。

特に初心者としては、実行が簡単で、現在の強度と柔軟性のレベルに最適に適合したエクササイズを選択することが重要です。 過度の緊張は筋肉への損傷につながる可能性があり、 関節。 怪我を防ぐために、可動性はゆっくりと改善する必要があります。 また、長期的なトレーニングを成功させるには、習得できる簡単な演習から始めることをお勧めします。 これは、トレーニングの時期尚早な中止を動機付け、防止します。

初心者に適したヨガのスタイルはどれですか?

さまざまな種類があります ヨガスタイル さまざまな焦点と要件に従います。 ハタヨガは特に初心者に適しています。 これは最も人気のあるヨガの形式のXNUMXつであり、柔軟性の強化の両方が含まれています 呼吸法 及び 瞑想.

ヴィンヤサヨガはもう少しダイナミックで、個々の位置が動的に変化し、同期して呼吸します。 ヴィンヤサヨガは肉体的に厳しいですが、最初はすべてのトランジションとポジションを正しくとることができない場合でも、初心者には適しています。 頻繁に繰り返すことで、初心者はすぐに上達することができます。

少しずつ動きがより調和し、最終的には コー​​ディネーション   呼吸 また、うまく機能します。 他にも色々あります ヨガスタイル それは特に穏やかで、物理的なものよりも瞑想的な側面に焦点を当てています。 これら ヨガスタイル より多くの 緩和 及び 体力強化よりも初心者にも適しています。

ただし、 瞑想 また、学ぶ必要があり、初心者にとっては、通常、最初の状態に適切に到達することはできません。 非常に要求の厳しい(アシュタンガヨガ)、ダイナミックなヨガフォーム(ビクラムヨガ)、またはホットヨガやイエンガヨガ(正確な個別のエクササイズ)などの特別な条件下でのヨガは、初心者にとってかなり負担がかかります。 最初に、さらに困難を加える前に、動きのシーケンスを学ぶことができるヨガのフォームを選択する必要があります。