振動板トレーニング

世界 振動トレーニング で実行されます 振動板、さまざまなメーカーから提供されています。 たとえば、サイズや付属のアクセサリが異なりますが、最終的に次の演習はほとんどのモデルで実行できます。 は 振動板 静的なエクササイズに使用されますが、筋肉を増強することを目的とした動的なエクササイズにも使用されます。 この振動は、筋肉にさらに負担をかけることを目的としており、コントロールが難しい、より深く横になっている筋肉に挑戦することも意図しています。 などの既存疾患への好影響 骨粗しょう症 or 関節症 軽量化も可能。

演習はどのくらいの頻度で実行する必要がありますか?

でのトレーニング効果について 振動トレーニング、週に 15 回の 20 ~ XNUMX 分のトレーニング ユニットで十分です。 振動トレーニング より包括的なものの一部として考慮されるべきである. 訓練計画、これには他の筋力トレーニング、そして何よりも 耐久性 コンポーネント。

胃のエクササイズ

1) クランチ 2) ローイング 3) 脚を持ち上げる 4) 腹横筋 腹筋運動をもっとしたいですか? 次に、これらの記事を読んでください。

  • 開始位置: 振動板上で横に仰向けになり、足を少し曲げて空中に保持し、手を首またはこめかみに添えて支える
  • 実行: 上半身を小さな動きで 30 秒間持ち上げ、完全に下ろさないで 3 回繰り返す
  • 開始位置: 仰向けの位置 振動板, 上半身と脚を空中に保持し、腕を足の方に伸ばします. この位置を 30 秒間維持します。
  • 開始位置:振動板上で横向きに仰​​向けになり、脚を持ち上げ、上半身を空中に保ち、腕を首の後ろで交差させ、必要に応じて、お尻の下にクッションを置くことができます
  • 実行:はさみのように足を反対方向に小さな動きで上下に動かします この運動を30秒間行い、3回繰り返します。
  • 開始位置:振動板の横位置、下の手は最初に床を支え、上の手は腰で支える
  • 実行:床から下手を放し、上半身を横に持ち上げ、下ろさずに再び沈めます。 このエクササイズを30セットで3秒繰り返します。
  • 腹部脂肪に対する運動
  • 胃のエクササイズ