多発性神経障害の原因としてのストレス| 多発性神経障害の原因

多発神経障害の原因としてのストレス

多発ニューロパチー ストレスだけで引き起こされることはありませんが、 神経痛 長時間のストレスが原因で発生する可能性があります。 これらの神経痛は、次のようなリラックスした手順によって治療されます 鍼治療, 整骨療法 だけでなく、薬によって。 ストレスは私たちにとって重要で負担となる要素です 免疫システム。 を損傷する自己免疫疾患の場合 神経、症状が悪化するのを防ぐために、バランスの取れたライフスタイルを観察する必要があります。

足の多発性神経障害の原因

ほとんどの場合、 多発性神経障害 最初は、体の最も離れた領域、つまり足や指に現れます。 通常、足はより頻繁に影響を受けます。 ザ・ ここでは循環が他の地域よりも著しく悪いため、ノクサエ、代謝廃棄物、または 循環器障害 特にそこに現れます。これは 神経損傷 チクチクする、しびれ、または 燃えます.

特に次のような病気で 糖尿病、これらの感覚は、軽傷や治癒不良の傷につながる可能性があります。 そのような傷は恐れられており、避けるべきです。そのため、徹底的な検査が重要です。 他の形式 多発性神経障害 また、多くの場合、最初は足元に現れ、歩行の不安定さや転倒傾向を伴うことがよくあります。

脚の多発性神経障害の原因

ほとんどの場合、多発性神経障害は神経終末の最初に発生します。 脚では、多発性神経障害は筋力低下または 痙攣。 アルコール性または糖尿病性PNPの患者は、このような症状の影響を受けることがよくあります。

これらの症状は 燃える足 またはむずむず脚。 特にアルコール依存症では、運動障害の結果として萎縮、すなわちふくらはぎの筋肉の破壊が顕著になります。 神経 足の。 多発性神経障害は、アルコール依存症で対称的に発生することがよくあります。

重症の場合、末梢神経の麻痺 神経 立ったり歩いたりする能力を制限することもできます。 麻痺は、典型的な広範囲の不確実な歩行パターンをもたらします。 脚では、代謝に対する静水圧効果により、症状がより早く発生します。

世界 脚に溜まり、老廃物やノクサエが脚にたまる傾向があります。 神経損傷 ローカルで発生します。 足を持ち上げる問題、 痙攣 ふくらはぎの領域などの感覚障害。 脚のPNPの一般的な症状は次のとおりです。