肘の滑液包炎のためのスポーツ| 肘の滑液包炎のための効果的な運動

肘の滑液包炎のためのスポーツ

の場合のスポーツ 滑液包炎 肘の部分はスポーツの種類によって異なります。 腕を使わずに体幹と脚のトレーニングをためらうことなく可能です。 などの挫折スポーツ テニス、バドミントンやスカッシュは避けてください。どんな緊張でも症状を悪化させる可能性があります。

トレーニングは、 痛み 最小限の刺激が再誘発することができるので、完全に消えました 滑液包炎。 同様に、肩や腕に高い負荷をかけるスポーツなど ローイング、パドリング、バレーボール、ハンドボールは、急性期には推奨されません。 自転車に乗って 水泳 それが引き起こさない場合は行うことができます 痛み.

治療がうまく機能し、 痛み 炎症が治まり、トレーニングを慎重に開始できます。 一般的に、背中と肩の筋肉がよく発達していることが重要です。 筋肉組織がうまく訓練されればされるほど、患者は筋肉の張力を変えることによって補償する必要が少なくなり、特定の構造を過度に行使する傾向が少なくなります。 ファンクショナルトレーニングとマシンでのトレーニングは、筋肉を増強するのに役立ちます。

滑液包炎はどのくらい続きますか?

の期間 滑液包炎 治療法と炎症の重症度によって異なります。 原因が正しく解明されていれば、それに応じた治療を行うことができます。 過負荷がある場合は、負荷を最小限に抑える必要があります。

さらに、影響を受けた緊張した筋肉は、軟組織と筋膜の技術によって緩めることができます。 筋肉の不均衡 適切な演習で訓練されています。 保存療法で症状が改善しない場合は、抗炎症薬を注射するか、錠剤の形で服用することができます。 炎症がどのくらい続くかを正確に決定することはできません。 最初の症状で行動を起こすと、治癒段階が大幅に短縮され、患者が長く待つほど、炎症はより慢性的になります。

サマリー

滑液包は周囲を取り囲んでいます 骨格, 靭帯とクッションと摩擦保護として機能します。 肘の滑液包の炎症は、通常、関節の領域に持続的な痛みとして現れ、伸筋群の起点から指に放射状に広がります。 痛みは上腕三頭筋に沿って上向きに広がることもあります。

ほとんどの場合、最終屈曲への動きには制限があります。 痛みはストレス下で悪化し、通常は夜間に突然発生します。 肘の滑液包炎は、過負荷と永続的な片側の動きによって引き起こされることがよくあります。

これは、滑液包を刺激する筋肉構造の過負荷につながります。 動きの制限、ストレス下や夜間の安静時の激しい痛みは典型的な症状です。治療では、筋肉の緊張が 前腕部 と肩- 領域が治療され、脊椎の位置異常が修正され、手の伸筋が特別に治療されます。 偏心筋増強トレーニングは、滑液包炎の治療に特に効果的です。

包帯、キネシオテープ、軟膏は、 肘の滑液包炎。 腕への負荷にもよりますが、スポーツは避け、症状が治まった後にのみ再開する必要があります。