理学療法| 多発性硬化症(MS)の練習

理学療法

理学療法 多発性硬化症 患者の症状によって異なります。 の治療においても同様に重要 多発性硬化症 は、心理療法士と同じくらい理学療法士に影響を与えるトークセラピーです。 患者は自分の症状や不安について話し、心配事を表現できる必要があります。 うつ病 回避されます。

患者の活動が多ければ多いほど、病気の経過はより陰湿になります。 このトピックに興味がある場合は、こちらをご覧ください。

  • 高血圧やさらには 痙縮 筋肉では、治療の焦点は爆発にあります。 その見返りに、患者は動員または ストレッチング.

    脚の助けを借りて横臥位または仰臥位で骨盤を動かすと、骨盤領域の可動性が向上し、したがって脚は動き続けます。 側面 ストレッチング 全体の同時動員と脚の筋肉の トーンを減らします。 運動の強化と促進のためのPNFのエクササイズは、 多発性硬化症.

    骨盤または肩のパターンから始めて、患者は骨盤の動きの全範囲を学び、 肩甲骨、これは適切で最終的な動きの実行にとって重要です。 患者と一緒にPNFパターン全体を実行することにより、筋力を向上させることができます。

  • 患者がすでに麻痺している場合は、影響を受けた筋肉を刺激することによって作業が行われます。 タッピング、ストローク、コールドセラピーがよく使われます。

    さらに、刺激電流を筋肉に適用して、筋肉を直接刺激することができます。 フットリフタースプリントは、患者の歩行を助け、転倒を防ぎます。 ある場合 コー​​ディネーション 及び 問題、これらは上記の演習によって改善することができます。 病気は非常に多様であるため、一方の治療が他方と同じになることはめったにありません。 多くの場合、患者はさまざまなまたは急性の愁訴を伴い、それに応じて治療することができます。

  • 多発性硬化症の理学療法
  • 凍結療法/冷却療法
  • うつ病の理学療法
  • ポップ
  • モビリティトレーニング–脊椎、肩、膝、腰