風邪のための自然療法

鼻炎、寒さ、寒さ、鼻炎、インフルエンザ

自然療法

自然療法と古くから伝わる家庭薬の両方が、風邪の治療に代わるものとしてよく使用されます。 免疫システム そして風邪予防。 それらの有効性はしばしば論争の的になります。 特定の食べ物は体を強くすると言われています。 免疫システム そして風邪をひきます。

例えば、鶏がらスープはそのような効果があると言われています。 科学的に抗炎症効果が証明されています。 ただし、どの有効成分がこれに関与するかは正確にはわかっていません。

ビタミンCが刺激するという推奨事項 免疫システム そして起こりうる寒さは常に非常に持続的です。 ビタミンCが欠乏すると免疫システムが弱まり、感染症にかかりやすくなり、風邪にもかかりやすくなります。 しかし、ドイツでは通常のライフスタイルでビタミンCが不足している人は誰もいないことを忘れてはなりません.

したがって、製薬会社によって繰り返し販売されているビタミン C 製剤は、実際のビタミン C 欠乏症の場合にのみ役立ちます。 不足がなければ、取り込まれたビタミン C は未使用のまま再び排出されます。 したがって、風邪を予防するために、補助食品は控えるべきであり、むしろビタミン C の豊富な栄養に注意を払う必要があります。

ビタミンCを含む食品は次のとおりです。

  • .
  • キウイ
  • パプリカ。

さらに、生姜には風邪をひく効果があるとも言われています。 ジンジャーはお茶やスープとして用意し、寒い時期は XNUMX 日 XNUMX 回摂取します。 下準備としてつくられた多くの植物には、かぜを和らげる効果があるとも言われています。

南アフリカのカペラ ペラルゴニウム (ウムカロアボ) 風邪やアッパーの炎症に対して処理されたドロップとして使用されます。 気道. 実際の治癒効果は、クマリン、フラボノイド、日焼け剤など、それに含まれる一連の効果によるものです。 エキナセア 非常に古い薬用パームであり、正確な作用機序はまだ明らかになっていませんが、風邪に対してよく使用されます。

の用法 カモミール 及び セージ はよく知られており、現在では従来の医学でも推奨されています。 インフルエンザ- のような感染症。 のエッセンシャルオイル タイム また、風邪をひいたり、炎症を和らげたりする植物とも言われています。 アイビーは実際、この国では装飾用の植物としてのみ知られています。

しかし、この植物に消毒効果があり、肺で生成される粘液を希釈することを知っている人はほとんどいません。 ただし、ツタは実際には人間にとって有毒であり、純粋に摂取してはならないことに注意することが重要です。 いわゆるサクラソウも古い薬用植物で、抗炎症作用があるとされ、主に咳や風邪の治療に使われます。

カウスリップには去痰効果があるとも言われています。 ホメオパシー 熱のためにその背後には興味深い作用機序があります。サクラソウの特定の物質は、 吸収後のライニング。 特定の神経線維を介した適切な伝達は、 気管支の粘液、肺に詰まった粘液の溶解につながります。

への影響 時折引き起こす可能性があります 吐き気 及び 痛み 副作用として。 の一般的な成分 冷たいお茶も マロー 植物、その効果は粘膜の炎症を助けるはずの保護粘膜の形成にあります。 特に上部の炎症性変化 気道、 といった 喉はこの方法で治療できます。

植物が実際に無害に見えるという事実にもかかわらず、対応する副作用を無視してはなりません。 中毒のリスクを冒さないためには、むしろ薬局からの調剤に切り替え、外で生育する植物から独自の調剤を生産しないでください。 また、他の従来の医薬品との特定の相互作用を完全に考慮し、従来の医薬品と自然療法の効果との相互作用を過小評価してはなりません。