ヨガは誰にでも適していますか? | ヨガの健康上の利点

ヨガは誰にでも適していますか?

ヨガ 通常、非常に穏やかですが非常に集中的なトレーニング形式であるため、すべての年齢層および多くの臨床写真に適しています。 初心者や動きに制限のある方のためにエクササイズを簡略化できるので、年配の方にもトレーニングの紹介を見つけることができます。 ほとんどのエクササイズは床で行われるので、ヨギはマットの上で痛みを伴わずに動くことができるはずです。

これが可能であれば、実際には誰もがいくつかを行うことができます ヨガ 段階的な方法で演習します。 特に、ほとんどの形式でぎくしゃくした速い動きがないため ヨガ、ヨガは高齢者にも適しています。 可動域をゆっくりと広げ、運動を強化することができます。

心血管系の負荷が低いため、トレーニングを受けていない高齢者のトレーニングも可能です。 長年ヨガをしている人は、老後の安定性と可動性を目に見えて改善することができます。 ヨガは子供にも適しています。

エクササイズはしばしば非常に絵で描かれ(コブラ、犬を見下ろす)、遊び心のある子供向けの方法で教えることができます。 呼吸 可能であれば、子供とのトレーニングに統合することもできます。 遊び心のある側面にもかかわらず、子供たちはもちろん、間違った、あるいは有害な動きさえも避けられるように、エクササイズを行う正しい方法を教えられるべきです。

ヨガは特に患者に適しています 呼吸 対象を絞った呼吸法はこれらの患者を助け、呼吸の仕組みを改善することができるため、問題があります。 の患者 骨粗しょう症 or リウマチ 彼らに負担をかけないように注意する必要があります 関節 及び 骨格 過度の動きによって過度に。 を超えてトレーニングするべきではありません 痛み 閾値。

ヨガはフィットネストレーニングに取って代わりますか?

ヨガはますます強さに焦点を当てているトレーニングの一形態です 耐久性、安定性、 コー​​ディネーションとして指定することができます。 心臓血管系 も挑戦されますが、好気性(十分な酸素があり、疲れにくい)領域でより多くなります。 ヨガは追いつくことができません 耐久性 持久力の観点から実行します。

ここで 心臓血管系 まったく異なる方法で挑戦されます。 脈拍数もはるかに高く、無酸素運動を訓練する段階が常にあります 耐久性 (より少ない酸素供給、酸素債務、疲れる 持久力トレーニング)ヨガは良い基盤であり、基本的な持久力とエオルベの持久力をわずかに改善しますが、適切なものに取って代わることはできません フィットネス トレーニング。 などのスポーツ 水泳、サイクリングまたは ランニング これに適しています。 しかし、改善に効果的な現代のヨガの形態もあります フィットネス より速い運動シーケンスとわずかに異なるトレーニングシーケンスを通して。