歩行障害| 多発性硬化症(MS)の練習

歩行障害

In 多発性硬化症 歩行障害 付随する症状のために発症します。 それは通常、特に角の周りやドアを通って、わずかな揺れを伴うやや不安定な歩行パターンを示します。 これは、次の理由で発生する可能性があります コー​​ディネーション/ 自己認識が妨げられ、存在するために距離を推定するのが難しいため、困難 視覚障害.

歩行は、大きなステップ、歩くときのターン、つま先立ち、つま先立ちのステップ、歩くときの膝の持ち上げ、サイドステップ、移動ステップ、後方への歩行など、さまざまなステップのバリエーションを通じて、歩行の安全性を向上させます。 また、歩行パターンが変化する可能性があります 痙縮。 多くの場合、患者は股関節を一周し、股関節を引き上げすぎて、 外側に回転させて前方に動かします。

別の可能性は、短縮されたために先のとがった足を歩くことです アキレス腱。 どちらのバリエーションでも、tonusに取り組む必要があります。 骨盤を介して補正する場合は、骨盤と腰椎を動かして動きを拡大する必要があります。 フットリフターに麻痺がある場合、患者は 膝の屈曲の増加を介して、これはまた、筋肉の緊張の変化をもたらします。これは、次のような付随する症状を防ぐために治療する必要があります 痛み と過度の緊張。

サマリー

多発性硬化症 神経伝導を悪化させる神経線維の慢性炎症です。 これにより、次のような症状が発生します コー​​ディネーション 難しさ、 問題、筋緊張の変化、歩行障害、視覚障害、倦怠感。 理学療法では、症状に応じて特別な治療が行われます。

筋肉の緊張は特定のグリップ技術によって減少し、筋肉の麻痺は刺激によって活性化されようとします。 改善するための一般的な演習 コー​​ディネーション 及び 腕と脚を使ったカウンターエクササイズや凹凸のある表面でのトレーニングは特に効果的です。 歩行障害の場合は、さまざまなバリエーションのステップエクササイズを含める必要があります。