足の位置異常| Morbus Ledderhose –演習

足の位置異常

上記のように、つま先は足底筋膜の可動性の固定されていないアタッチメントを形成します。 結節の形成と腱の短縮により、つま先が曲がり、慢性的な引っ張りに曲がることがあります。 これにより、 足の位置異常.

したがって、ほとんどの場合先天性である足の位置異常は、Ledderhose病などの病気によっても獲得される可能性があります。 一般に、足の位置異常は、足の通常の位置からの逸脱です。 ただし、足やつま先の位置が正しくない場合は、Ledderhosen拘縮をかなり強く表現する必要があります。

発生する問題は、 足の位置異常 歩行パターンを変更し、その後の苦情につながる可能性があります 関節 と筋肉の鎖だけでなく、日常生活のストレス。 さらに、足の他の構造も慢性的な位置異常に適応します。 骨格。 履物は湾曲したものに圧力をかけます 骨格 (外反母hall/ハルクスリジダス)そして長期的には炎症と痛みを伴うツボにつながり、それが歩行に影響を及ぼし、ひいては日常のストレスと生活の質に影響を及ぼします。

さらなる対策

足底線維腫症の治療における他の対策には、アイスサンディング、穏やかなマッサージ、受動的が含まれます ストレッチング, ショック 波療法、 電気療法 及び 超音波 アプリケーション。 テープを一時的に貼り付けて、緊張を和らげることができます。 装具と靴の中敷きも足底筋膜からの圧力を和らげ、とりわけ、長い散歩を容易にします。 医師は抗炎症薬を処方することもできます。結節が大きすぎる場合、または保存療法が失敗して歩行や日常生活に深刻な制限を引き起こす場合は、外科的切除を検討する必要があります。

サマリー

足の裏の強い腱のレーダーホーゼン拘縮は、原因不明の慢性リウマチ性疾患です。 小さな結節が組織に形成され、足の位置異常や歩行パターンの閉塞を引き起こす可能性があります。 病気を治すことはできませんが、症状を緩和し、その後の苦情を防ぐためのさまざまな従来の対策があります。 重症の場合、日常生活の質を維持または回復するために手術が考慮されます。