ゴルファーの肘を使ったエクササイズ

ゴルファーの肘は、肘にある手の屈筋の腱アタッチメントの炎症です。 これらの腱付着炎症、 上腕二頭筋腱 炎症は、指の曲がりや回転運動を含む長期的な片側の活動によって引き起こされます 前腕部 (例:旋削ねじ)。 伸筋(伸筋)の短縮と手根骨の位置異常 骨格 手の力が屈筋の緊張を高めます。 屈筋の緊張が低下しない場合、 腱アタッチメントへの流れは長期間制限され、これらの炎症を促進する可能性があります。

エクササイズとストレッチ

1)筋肉アタッチメントの慢性炎症の場合は、偏心筋トレーニングを実行する必要があります。 患者の腕は、手のひらを上に向けてオーバーハングで手を握った状態で快適な位置にある必要があります。 彼は手に軽いダンベルまたは水筒を与えられ、積極的に手を屈曲部に引き込み、非常にゆっくりと手を中立位置に戻します。

繊維がゆっくりと引き離されて引き伸ばされるため、ゆっくりとした放出は筋肉にとって特に重要です。 2)腕全体を動員するためには、機能的運動理論からの反作用動員が良い選択です。 患者は肘を後ろに動かして体を通り過ぎます。

ひじを外側に向け、手のひらを上に向けます。 次に、患者は腕を伸ばして手を前に向け、 手首 引き伸ばされます。 このモーションシーケンスを数回繰り返します。

これを行う間、肩を下げておくことが重要です。 3)肩の動員も重要です。 肩の調子から- 筋肉は通常増加し、腕全体に伸び続けます。肩を緩める必要があります。

患者は肩を回すことでこれを自分で達成することができます。 4)さらに、 ストレッチング が待 僧帽筋 手を押し下げて傾けることによって 反対側に向かって横向きにすると、トーンを最小限に抑えるのに役立ちます。 5)BWSを動員するには、「猫」と「ポットベリーピッグ」の演習が適しています。

これらの位置は、XNUMX本足の位置から実行されます。 患者は背骨をこぶに押し込み、それからそれを極端にたるませます。 この演習を数回繰り返します。

6)伸筋群(手伸筋)を伸ばすために、肘を伸ばした状態で手を深く屈曲(屈曲)させることができます。 あるいは、完全な神経 ストレッチング のために 前腕部 に使える。 肘を伸ばし、腕を少し後ろに向け、手を引っ張って屈曲と潰瘍を作ります。

世界 ストレッチを増やすために横方向の角度で反対側に引っ張られます。 7)完全な腕神経叢(末梢神経叢)の場合 神経系)患者は腕を伸ばして立ち、片方の手のひらを上に向け、もう一方の手のひらを下に向けます。 視線は上向きの手のひらに行きます。 それから患者は彼を回します 同時に、頭が常に上向きの手のひらの方向を向くように、手のひらを伸ばします。