肩関節症(変形性関節症)の場合に従うべき運動

肩のエクササイズ 関節症 術後治療と同様に保存療法の重要な部分です。 運動は患者のを和らげるのに役立ちます 痛み、関節の可動性を改善し、進行を遅くします 関節症 処理し、肩の強度と安定性を高めます。 の治療 肩関節 関節症 最初は保守的な投薬と理学療法で可能です。 病気の進行に応じて、さまざまな異なる運動を使用することができます。

模倣するための演習

その構造を持つ関節は、その動きによって栄養を与えられ、可動性を保ちます。 のために動きが制限されている場合 痛み、その結果、不動が増加します(悪循環)。 残り 軟骨 動きの欠如によって栄養が不足し、その品質は低下し続けています。

周囲の筋肉組織は十分に支えられておらず、力を失っています。 弾力性を失い、カプセルは可動性を失います。 これに対抗するために、関節症の場合でも関節を穏やかに動かして関節表面に供給する必要があります。 この動員にはさまざまな演習があります。

  • 腕の振り子を前後に、また曲げた位置から(腕が体の前に緩くぶら下がるように)左右に動かすと、リラックスした、緊張の少ない動きが保証されます。 肩関節.
  • 腕で壁を駆け上がる。

ただし、すべての演習は、回避メカニズムなしで緊急に実行する必要があります。 アバットメントの動員のエクササイズは優れており、肩を動員するためにも使用できます。

  • 布でテーブルを拭きます
  • ここでは、肩が意図的に正三角形の耳までの距離を広く保ちながら、腕を横に広げています。

    胴体が同じ側に傾いているため、回避メカニズムが機能しません。 上腕骨関節パートナーの動き 及び 肩甲骨 現在は最大です。 腕を引っ込めると、患者は再びまっすぐになり、肩を簡単に引き上げることができます。

    その後、新しいサイクルが始まります。 運動は簡単に落ち、緩和効果があるはずです。 連続20回まで実行できます。