底の練習| 振動板トレーニング

底の練習

1)骨盤を持ち上げる2)スクワット3)ランジお尻のエクササイズをもっと探していますか?

  • 開始位置:振動板と同じ高さのキルティングボードまたは同様の表面上の仰臥位、足は振動板の上に立つ
  • 実行:骨盤をゆっくり持ち上げ、この位置でしばらく保持してから、臀部を完全に落とさずに再び下げます。 この演習を30セットで約3秒間繰り返します。
  • 実行:足を離して立って 振動板 膝がほぼ90°の角度になるまで、背中をまっすぐにしてお尻を下げます。膝をつま先の前に押し込まないように注意し、両手を足の前に合わせます。 .

    もちろん、このエクササイズを動的に動かすこともできます。 位置を約30秒間保持し、これを3回繰り返します。

  • 開始位置:片足を 振動板、他の約90ステップの長さを後方に移動し、約30°の角度に達するまで前膝を下げます。膝を足の先端を超えて押さないように注意してください。後膝も曲げられ、床。 約XNUMX秒間位置を保持してから変更します 、これを両側で3回繰り返します。

背中のエクササイズ

1)背中をまっすぐにする2)リラクゼーションエクササイズ3)背中を伸ばす背中のさらなるエクササイズは、次の記事にあります。

  • 開始位置:腹臥位 振動板、腰を振動板の上に置き、その前にキルティングボードなどを上半身のベースとして置きます
  • 実行:腕を前に伸ばすか、上半身に横になり、上半身を持ち上げて持ち上げ、過度に伸ばさずに前を向いて 。 この位置を30秒間保持し、運動を3回繰り返します。
  • パフォーマンス:振動板の上に立ち、膝を少し曲げて背中をリラックスさせ、腕と 頑張ってください。 この位置でリラックスしてください。
  • 開始位置:振動板の前の床にあるかかとの座席、両手が振動板にあり、腕がはるかに前方に伸ばされ、背中がリラックスして、 及び 腕と背中に沿っています。 この位置でリラックスしてください。
  • バックスクール
  • 背中のエクササイズ
  • 腰痛に対する運動