足の親指の中足指節関節症のエクササイズ

関節炎 中足指節関節 足の親指の部分は中足指節関節の摩耗であり、これはしばしば ハルクスリジダス。 とは対照的に 外反母hall (の横方向の曲げ 中足骨 足の親指の骨)、関節は典型的な兆候を示しています 関節症:関節空間の狭小化、減少 軟骨 腫瘤、骨の付着および嚢胞。 多くの場合、関節は明らかに変形しています。

これは関節の機能を制限し、その可動性を低下させ、それは硬化にさえつながる可能性があります。 有る 痛み 運動中の関節、そして病気の後期には安静時の痛み。 いわゆる活性化について話す 中足指節関節 関節症 関節が急激に炎症を起こしたとき。 腫れ、赤み、温暖化が起こり、 痛み 増加し、関節の可動性がさらに低下します。

演習

世界 中足指節関節 足の親指の関節は、私たちが日常生活であまり注意を払わない関節です。 ただし、足の親指の中足指節関節を転がすため、これは非常に重要な関節です。 足の親指の中足指節関節に関節炎の変化が起こると、すべてのステップが痛みを伴う可能性があります。

の症状を最小限に抑えるために ハルクスリジダス そしてそれらの進行を制限するために、特定の運動を行うことができます。 他のすべてと同じように 関節、以下は足の親指の中足指節関節に適用されます:運動は 軟骨 関節を健康に保ちます。 中足指節の場合、足のエクササイズは非常に役立ちます 関節炎 足の親指の中足指節関節の。

足の親指自体の可動性をここでトレーニングするだけでなく、残りの部分もトレーニングする必要があります 足の筋肉 運動プログラムにも含める必要があります。 土踏まずを強化すると、生理的なローリングが促進され、中足指節関節への圧力が恒久的に緩和されます。 アーチを強化するためのエクササイズは次のとおりです。エクササイズは定期的に実行し、日常生活に統合する必要があります。

姿勢不良などの既存の危険因子の場合、予防策としてできるだけ早く足の体操を開始する必要があります。 さらなる演習は、記事「のための演習」にあります。 ハルクスリジダス.

  • 足とつま先で握るエクササイズ(タオル)
  • つま先が曲がらずに足を短くする–足の裏を持ち上げる
  • こまや枕などの上に立つなどの協調運動。
  • でこぼこの地面を歩く