筋肉の短縮に対する運動

筋肉の短縮は、長期間にわたる一方的な姿勢や動きの結果として発生することがよくあります。 たとえば、筋肉の短縮は、毎日の運動不足や長時間オフィスに座っていることによって引き起こされる可能性があります。 ストレッチング。 太ももの前後の筋肉、背中の筋肉、 筋肉が特に影響を受けることがよくあります。

脚-太ももの前部/大腿四頭筋

世界 ストレッチング エクササイズは毎日行うことができ、両側で約 60 秒間保持する必要があります。 1) エクササイズ: 立ったままのストレッチ 2) ひざまずいてストレッチ 3) 膝をついたストレッチ

  • 実行: 立って、片手で壁を支え、もう一方の手で脚の足首をつかんで伸ばし、膝を平行に保ちながら足をできるだけ but to部に近づけます。
  • バリエーション:うつ伏せでも同じエクササイズが可能
  • 開始位置:膝の位置、最初に両方の膝がパッド上で平行に立つ
  • 実行:片方の足をサポート上で前方に置き、膝関節と足首関節の両方で約90°の角度があり、後膝はサポート上に残り、後膝は曲げられ、手は同じ側にあります後ろ足の足首のあたりで、ヒップを前に押し出し、後ろ足の足首をお尻の方に引っ張り、ストレッチ感が出る
  • 開始位置:膝の位置、下肢と足の裏をパッドの上に置きます
  • 実行: 手を後ろに置くことができるくらい後ろに傾く。また、肘をパッドの上に置くようにして、「背中がくぼんで」お尻が緊張しないようにします。

もも裏・ハムストリングス

1) ストレッチング 仰臥位2)逆「V」。

  • 開始位置: パッドの上に仰向けの姿勢で、片方の足をパッドの上に置き、もう片方の足を空中で垂直に伸ばし、足の先を引き上げます。
  • 実行:両手で空中に伸ばした脚の太ももをつかみ、胸に向かって伸ばした状態で、伸ばした状態に応じて、上半身をパッドに置くか、空中に保持することができます。足
  • 開始位置: 地面に XNUMX 本足で立ち、手と下肢を床につけます。
  • 実行:膝を伸ばし、臀部を天井に向かって押し出し、かかとを床に向けて下げ、肩と腕を背中全体と同じ高さにします。太ももとふくらはぎ