吸入痛に対する運動

痛み 吸入にはさまざまな原因が考えられますが、必ずしも気管支または肺の病気が原因であるとは限りません。 治療の一環として、特定の ストレッチング および強化エクササイズ 呼吸法 影響を受ける人々の症状の大幅な改善をもたらすことができます。 の脅威により、 痛み 関連付けられている 呼吸、多くの罹患者は深刻な病気を考えることが多く、パニックになり、症状がさらに悪化します。

  • インフルエンザに似た感染症で、主に以下に影響を及ぼします。 気道、の最も一般的な原因です 呼吸 痛み.
  • 最悪の場合、 肺炎 または肺 塞栓症 痛みの引き金にもなり得ます 呼吸.
  • 喘息などの慢性疾患や COPD 吸入すると痛みを伴うこともあります。
  • しかしながら、 独立した問題も、吸入すると痛みを引き起こす可能性があります。 これらには、たとえば、次の領域の挫傷が含まれます。 、緊張した筋肉、つままれた肋骨 神経 またはブロックされた椎骨。 特に後者は、特定のエクササイズを行うことで保守的に治療できることがよくあります。

自宅でのエクササイズ

完全に息を吐いてからキープ 及び 閉まっている。 息を吸っているふりをします。これにより、肺に真空が生じます。 横隔膜 緊張を高め、周囲の緊張を和らげます。

できるだけ深く息を吸い、できるだけ早くすべての空気を吐き出します。 このエクササイズは、 横隔膜 呼吸するためのより多くのスペースがあるように。 仰向けに寝て、両手を横に伸ばします。

肩甲骨が床から浮くように、腕と肩を床に向けて回転させます。 そうしながら息を吐きます。 次に、腕と肩を上げて息を吐きます。

肩甲骨が床に押し付けられます。 仰向けに寝て、両手を重ね合わせます。最初は左胸郭に置きます。 の一番下にあります リブ. 意識的に息を吸い込み、 リブ 息を吐きながら手で。

10 回の呼吸ラウンド後に側を変更します。 息を吸ったときに痛む箇所を指で見つけます。次に、その箇所を押して、痛みが改善するまで数回息を吸ったり吐いたりします。

他のペイン ポイントについても同じように進めます。 息を吸って膨らませる できるだけ。 息を吐きながら再び平らにします。

10回の繰り返し。 まず腕を前に伸ばし、次に上に伸ばし、深呼吸します。 数秒間緊張を保ち、腕を床に下ろし、音を立てて息を吐きます。

より多くの演習はここで見つけることができます:

  • 呼吸運動
  • 喘息の練習
  • COPD –理学療法からのエクササイズ
  1. 完全に息を吐いてからキープ 及び 閉まっている。 息を吸っているふりをします。これにより、肺に真空が生じます。 横隔膜 緊張を高め、周囲の緊張を和らげます。
  2. できるだけ深く息を吸ってから、できるだけ早くすべての空気を吐き出します。

    このエクササイズは横隔膜を伸ばして、呼吸するスペースを増やします。

  3. 仰向けに寝て、両手を横に伸ばします。 肩甲骨が床から浮くように、腕と肩を床に向けて回転させます。 息を吐きます。

    次に、腕と肩を上げて息を吐きます。肩甲骨が床に押し付けられます。

  4. 仰向けに寝て、両手を重ね合わせます。最初は左肋骨アーチの上で、 の一番下にあります リブ. 意識的に息を吸い、息を吐きながら手で肋骨を押します。

    10 回の呼吸ラウンド後にサイドを変更します。

  5. 息を吸ったときに痛む場所を指で見つけます。次に、指を押して、痛みが改善するまで数回息を吸ったり吐いたりします。 他のペイン ポイントについても同じように進めます。
  6. 息を吸って膨らませる 可能な限り。

    息を吐きながら再び平らにします。 10回繰り返します。

  7. まず腕を前に伸ばし、次に上に伸ばして深呼吸します。 緊張を数秒間維持し、腕を床に下ろし、音を立てて息を吐きます。