鑑別診断| ひじの靭帯の断裂の練習

鑑別診断

長い 上腕二頭筋腱 通常、影響を受けます 上腕二頭筋腱の炎症。 目立ちます 痛み、患部の発赤と熱。 患者はしばしば炎症と炎症によって動きが制限されます 痛み それは、激しい仕事やスポーツを引き起こし、もはや実行することができなくなります。

の炎症を治すために 上腕二頭筋腱、腕に十分な長い休息期間を与えてから、穏やかな力で腱を最大限の能力に戻すことが重要です。 ストレッチング 演習。 この記事はあなたに興味があるかもしれません:理学療法 上腕二頭筋腱 上腕二頭筋テンドンの炎症滑液包の炎症は通常、 肘関節、例えば、テーブルの上で長時間休むことによって。 ただし、けがや手術の過程で肘の骨の先端が刺激されることもあり、その結果、 滑液包炎.

次に、これはに関連付けられます 痛み、腫れ、発赤、ひじの動きの制限。 治療計画がどの程度正確に見えるかは、原因によって異なります。 滑液包炎、およびその他の怪我。 A マウスアーム 影響を受けた人がコンピュータ上で長時間単調な作業を行うと発症します。

これらの活動中の腕の不自然な位置は、特に 及び 手首 関節、だけでなく、肘、肩、 。 これらの刺激は、最小限の怪我につながる可能性があります 関節、これは一方では痛みを引き起こしますが、他方では関節をさらに傷つけやすくします。 靭帯の断裂に加えて、 関節症 腱の炎症も結果のXNUMXつです。 したがって、人間工学に基づいた作業環境を確保し、十分な休憩と小さな休憩を統合することが患者にとって非常に重要です。 ストレッチング 彼らの日常の仕事に練習します。

サマリー

全体的に、 引き裂かれた靭帯 ひじには、それ自体でよく治る怪我があります。 支持療法の手段と関節の適切な保護は、完全な回復が通常可能であることを保証します。 ただし、 引き裂かれた靭帯 肘でのさらなる怪我に関連していることがよくあります 肘関節、治癒過程を遅らせることができます。 要約すると、強化および安定化するターゲットを絞ったエクササイズ 肘関節 新たな怪我の発生を防ぐために、治療中と治療後の両方で役立ちます。