エイズ(HIV):予防

HIV感染の予防には、以下の保護因子が重要です。 さらに、個人を減らすことに注意を払う必要があります 危険因子。 相対的な保護因子

  • 非HIV感染男性の割礼(割礼)-以下によるHIV感染リスクの軽減:
    • 陰茎亀頭(亀頭)とは異なり、HIVの標的となる細胞が豊富な包皮(包皮)の除去。これらは、 皮膚、CD4陽性 リンパ球 (Tヘルパー細胞のCD4受容体部位)およびマクロファージ(食細胞)。
    • 陰部潰瘍(性器 潰瘍).

行動の危険因子

  • 薬物使用(静脈内、すなわち、 静脈).
  • 針の共有–薬物乱用者間で針やその他の注射器具を共有します。
  • 無防備な性交–無防備な肛門性交は両方の個人にとって最もリスクの高い習慣です(接触あたり0.82%を受容し、接触あたり挿入0.07%)。 保護されていない膣性交は、感染のXNUMX番目にリスクの高い経路と見なされます。

病気に関連する危険因子

  • 免疫不全の人
  • 次のような性感染症(STI)の患者 淋病 (淋病)または 梅毒 (梅毒)、HIV陽性者からのHIV感染のリスクが2〜10倍高い(STI関連の病変または潰瘍/潰瘍のため)。 同様に、STIのHIV陽性患者はより伝染性(感染性)です。

その他の危険因子

  • 血液製剤
  • 水平伝播–出生時の母から子へ。
  • 針刺し損傷–特に 健康 介護福祉士。
  • 臓器移植

予防因子(保護因子)

  • 遺伝的要因:
    • 遺伝子多型に応じた遺伝的リスクの低減:
      • 遺伝子/ SNP(一塩基多型;英語:一塩基多型):
        • 遺伝子:CCR5
        • SNP:遺伝子CCR333のrs5
          • 対立遺伝子コンステレーション:DI(HIVへの感染のリスクが低く進行が遅い)(ヨーロッパ人の15%がこの対立遺伝子コンステレーションを持っています)。
          • 対立遺伝子コンステレーション:DD(HIV-1に対する耐性)(ヨーロッパ人の1%がこの対立遺伝子コンステレーションを持っています)。
        • 両方のCCR5の場合 遺伝子 コピーは変異しており(=ホモ接合)、影響を受けた個人は、欠陥遺伝子のコピーが21つあるかまったくない場合と比較して、41〜78年の間にXNUMX%死亡率が増加します。
  • 以下によるHIV感染のリスク低減:
    • 一貫性のある 治療 性感染症の割合(42%)。
    • コンドーム(85%
    • 抗レトロウイルス療法(ART)(96%)
    • アートと コンドーム (99、2%)。
    • HIVに感染していない人の曝露予防(86%)。
  • 有効成分ダピビリンを含む膣リング(リスク低減:31-63%)。
  • 暴露前予防(PrEP):以下を参照してください。
  • HIVの母子感染の予防:抗レトロウイルス薬 治療 HAART(高活性抗レトロウイルス療法)、出生前、周産期、新生児(「出生前と出生前後」および「新生児に関して」)+選択的帝王切開(帝王切開)+母乳育児の禁欲は、感染(感染)のリスクを2%未満に低下させます。
  • 抗レトロウイルスによる効果的なウイルス抑制 薬物 ウイルスの減少を伴う 濃度 200コピー/ ml未満までは、血清陰性のパートナーを血清陽性のパートナーによる感染から保護します。 ある研究では、この点に関して次のように結論付けています。
    • 異性愛者のカップル
      • 男性のHIV陽性と女性のHIV陰性:0.97組のカップルあたり毎年100回の感染。
      • 女性のHIV陽性および男性のHIV陰性:0.88組のカップルあたり毎年100感染。
    • 男性とセックスをする男性(MSM):0.84組のカップルあたり毎年100回の感染。 射精を伴う受容性肛門性交のために 直腸、95%の信頼区間は、年間2.7人あたり100回の感染に及びます。 27年後、リスクはXNUMX%まで蓄積されます。

暴露前予防(PrEP)

PrEP(HIV-PrEP)は、ドイツ語で「暴露前予防」の略語です。HIVに接触する可能性がある前のVorsorge。PrEPは、HIV陰性の人々がHIVに感染するのを防ぐために、HIV薬を服用するより安全なセックス方法です。 。 注:従来のPrEPは毎日服用することをお勧めします。 男性とセックスをする男性のために、セックスの周りにピルを服用することを含む機会ベースのPrEPもあります(以下の「オンデマンドのPrEP」を参照)。 ドイツ人とオーストリア人によって、HIV暴露前予防(PrEP)に関する共同ガイドラインが提示されました。 エイズ 社会(DAIG)。 とりわけ、S2kガイドラインでは、経口HIV暴露前予防(PrEP)について次のように説明しています。 薬物 HIV感染のリスクが高いHIV陰性の人が、HIV感染の可能性を減らすために。」 研究によると、相対的なリスクは86%減少し、高い順守で最大99%減少します。 FDAはTruvada(組み合わせ)を承認しました テノホビル-DF /エムトリシタビン、2012年XNUMX月のHIV暴露前予防(PrEP)のためのTDF / FTC)。この薬はMSM(男性とセックスをする男性)のために服用されます。 テノホビル アラフェナミド/エムトリシタビン (Descovy)は2016年に欧州委員会によって承認されました。この薬は障害のある場合にも使用できます 腎臓 最大30ml /分で機能し、骨ミネラルへの影響が少ない 密度.WHOは、ガイドラインでリスクのある集団(MSM、囚人、セックスワーカー、トランスジェンダーの人々、静脈内薬物使用者)にPrEPを推奨しています。 この人口は、世界中のすべての新しいHIV感染の50%を占めています。 薬

Truvadaは、2016年XNUMX月からヨーロッパでPrEPの承認も受けています。その間に、他のジェネリック医薬品も承認されました。 PrEPの場合、経口併用薬 エムトリシタビン/テノホビル ジソプロキシル(TDF / FTC *)を使用します。 *主に使用されるジェネリックには他のテノホビルジソプロキシルが含まれています 同じ口頭で バイオアベイラビリティ -フマル酸塩として(-リン酸塩、-マレイン酸塩、および-コハク酸塩)。 従来のPrEPに加えて、「PrEPオンデマンド」も推奨されます。 治療レジメン:2-1-1レジメン(XNUMXつを取る タブレット テノホビル/エムトリシタビンの性的接触の24時間前から2時間以内まで、性的接触後86日間継続)。 これにより、感染のリスクがXNUMX%減少します。 PrEPは 健康 2019年XNUMX月以降の高リスク患者に対する保険給付。新しい有効成分(研究)

  • 男性とセックスをする男性(MSM)の研究では、66%少ない新しい感染症が発生しました 治療 インテグラーゼ鎖転移阻害剤カボテグラビルを使用します。 筋肉内注射 エムトリシタビン/テノホビルと比較して、8週間ごとの特別な製剤で:HIV発生率はカボテグラビル群で0.41%(0.20%から0.66%)であったのに対し、エムトリシタビン/テノホビル群では1.22%(0.86%から1.66%)でした。副作用:カボテグラビル 注射:より頻繁 発熱 > 痛み 比較グループの被験者よりも注射部位で; 毎日経口PrEPを投与されている被験者は、より頻繁に 吐き気 飲み込んだ研究参加者よりも プラセボ エムトリシタビン/テノホビルの代わりに錠剤。

PrEPの有効性

男性従来のPrEPの有効性は男性で高いです:

  • PROUD研究では、1.3人の男性(9%)が8.9年でPrEPに感染しましたが、XNUMX人の男性(XNUMX%)はXNUMX年でPrEPを使用していませんでした。
  • Partner2の研究では:ウイルス量が検出できないHIV感染者(50mlあたりXNUMXウイルスコピー未満) )コンドームなしの性交でも感染性ではありません。 これは異性愛者だけでなく同性愛者の性的パートナーにも当てはまります。

女性PrEPの有効性は女性で限られています。テノホビルまたはテノホビル-エムトリシタビンを経口投与した場合、VOICE試験の49%からTDF75試験の2%まで変動しました。 膣の暴露前予防では、保護効果はわずか0%(FACTS)から39%(CAPRISA)でした。 研究によると、ガードネレラバジナリスが保護効果の喪失の原因であることが示されています。対照的に、塗抹標本に炎症の兆候がない女性では、有効成分テノフィールを含む膣ジェルの保護効果は57%でした(95%信頼区間7〜80 %)。 女性が性的接触の前に定期的にジェルを使用した場合、それは75%(25%から92%)に増加しました。副作用:最も一般的な副作用は 下痢 (下痢)、 吐き気 (吐き気)、 腹痛, 頭痛、および減量。 その他の注意事項

  • メタアナリシスは、暴露前予防(PrEP)を受けた人々が他に対する保護を無視する可能性が高いことを示しました 性感染症 (STD)。 人々のグループは、クラミジア感染症などの他の性感染症のリスクが高くなりました。 淋病または 梅毒。 PrEPの最初の3か月で、新しい感染症がすでに大幅に増加していました。
  • ロベルトコッホ研究所によるドイツのXNUMXつの主要都市からの感染症に焦点を当てた実践に関する共同研究は、とりわけ、HIV暴露前予防(PrEP)の患者における性感染症(STI)の有病率(疾患頻度)に関する情報を提供します。 :
    • HIV陽性の参加者:31%STI。
    • PrEPのないHIV陰性の参加者:25%。
    • PrEPを使用しているHIV陰性の参加者:40%。

    なしのセックス コンドーム 報告されたのは74%、パーティーでの薬物使用は45%でした.1.65人以上の性的パートナー(係数XNUMX)とのSTIのリスクが高く、 コンドーム (2.11)、およびパーティードラッグの使用(1.65)。

曝露後予防(PEP)

暴露後の予防 予防接種によって特定の病気から保護されていないが、それにさらされている個人の病気を予防するための薬の提供です。 詳細については、「薬物療法」を参照してください。

二次予防

  • コーヒー 消費(3カップ以上)は、HIV-HCVに感染した患者のすべての原因による死亡リスクを半減させます。